Dauntless ゲーム

dauntless(ドーントレス)攻略 エスカレーション周回効率 パターン毎の周回先おすすめ

今回のdauntless(ドーントレス)攻略はエスカレーション周回先を目的別におすすめしていきます。

エスカレーションに用があるけどどちらを周回するべきか分からないという方は是非この攻略記事を参考にしてみてください。

dauntless(ドーントレス)攻略

※筆者はPC版のdauntless(ドーントレス)で遊んでいるので画像内のキー表示が見て頂いている方々の環境によって表示と異なる可能性があります

dauntless記事一覧はこちら→dauntless(ドーントレス)攻略まとめ

エスカレーション周回効率 パターン毎のおすすめ

エスカレーション周回効率

※野良4人PTで各15回ずつの平均 船から降りる演出→最後の敵を討伐の時間をクリア時間としています

エスカレーション1-13

クリア時間→約6分

経験値→約700pt

エスカレーション10-50

クリア時間→約20分

経験値→約2000pt

かきん
10-50はクリアタイムの差が大きいです 最短→14:21 最長→23:54

1-13を周回した方が良いパターン

ストレス無く経験値を稼ぎたい

→1-13はほぼ失敗しないので

クリア時間が平均(6分)より早い

→待機時間等にもよりますがこちらを周回する方が効率が良いです 10-50は敵が強いのでどうしても個人の力だけでは劇的にクリア時間を縮めるのは難しいです(クリア時間がばらつきやすい)

マスタリーLvを上げたい

→回転数が高いので討伐数も増えます(ある程度意識して討伐が必要)

人が多い時間帯

→回転が良いのでマッチング時間が短いと効率が良いです

参考エスカレーション1-13解説

10-50を周回した方が良いパターン

マルカリオン・レザキリ・シュラウドの素材が欲しい

→これらのベヒモスの装備は強力な物が多いので経験値と一緒に素材を稼げるこちらの方がおすすめです

設計図・染料が欲しい

→出現ベヒモスはヒーロー級に分類されるので落ちる可能性はあります

PTでプレイしていてクリア時間が平均より早い

→メンバーが固定されるのでクリア時間のばらつきが少ないです

人が少ない時間帯

→1-13と比べるとマッチング回数が少ないので

参考エスカレーション10-50解説

以上がdauntless(ドーントレス)攻略 エスカレーション周回効率 パターン毎の周回先おすすめになります。

この攻略記事が攻略の手助けになれば幸いです。

-Dauntless, ゲーム
-

Copyright© かきんしないで遊びたい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.