Dauntless ゲーム

dauntless(ドーントレス)攻略 各ダメージの解説

今回のdauntless(ドーントレス)攻略は各ダメージの解説を書いていきます。

特にダメージ表記の色の違いを知りたいという方は是非この攻略記事を参考にしてみてください。

dauntless(ドーントレス)攻略

※筆者はPC版のdauntless(ドーントレス)で遊んでいるので画像内のキー表示が見て頂いている方々の環境によって表示と異なる可能性があります

dauntless記事一覧はこちら→dauntless(ドーントレス)攻略まとめ

各ダメージの解説

dauntless(ドーントレス)では基本・気絶・部位・損傷という4種類のダメージがあります。

以下ではそれぞれ各ダメージがどのような効果や色なのかを解説していきます。

基本ダメージ

白色で表示される基本ダメージはベヒモスの体力を減らします

基本的に基本ダメージ以外のダメージはベヒモスの体力を減らしていません

※破壊可能な部位を攻撃すると部位ダメージ(黄色)だけ表示されますが、この場合は画面に映っていないだけで基本ダメージも入っているそうです。

気絶ダメージ

青色で表示される気絶ダメージはベヒモスの頭か手足を攻撃すると蓄積され、一定値まで溜まるとベヒモスを気絶状態にします(手足より頭の方が数字が大きくなり易い傾向)。

※チェインブレード等1発の威力が低い武器は気絶ダメージが発生しない場合が多いです

気絶ダメージが蓄積してくるとベヒモスの顔付近に泡?のエフェクトが表示されます。

→泡は気絶が近い状態を表しています ここからさらに気絶ダメージを与えることによってベヒモスが気絶状態になります

部位ダメージ

黄色で表示される部位ダメージはベヒモスの頭など破壊可能な部位でまだ破壊されていない場合に表示されます。破壊可能な部位に一定の部位ダメージを与えることによって部位破壊をすることができます。

武器によって部位ダメージボーナスの差はありますが基本的に全武器で部位破壊が可能です。

※ダメージが黄色で表示される部位は部位破壊が可能と覚えておくと初見ベヒモスでも部位破壊を狙えるので便利です

損傷ダメージ

赤色で表示される損傷ダメージはベヒモスのまだ破壊されていない部位に損傷状態を作ります(損傷部位は青白く表示される)。

→損傷状態の部位は通常より多くの部位破壊ダメージを与えることができます

※その部位が破壊されると損傷状態も解除されます

基本的にウォーパイクが損傷ダメージを与えることができます(他武器はスキルによって損傷ダメージを出せる)。

よりダメージを出すために装備を作りたい方はこちらが便利です。

ビルドシミュレーターの使い方とスキル和訳

以上がdauntless(ドーントレス)攻略 各ダメージの解説になります。

この攻略記事が攻略の手助けになれば幸いです。

-Dauntless, ゲーム
-

Copyright© かきんしないで遊びたい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.