ゲーム紹介

3000円以内のおすすめゲームまとめ

おはようございます。かきんです。
今回はいつのも攻略とは違い、実際にプレイした3000円以内のおすすめゲームまとめです。

物忘れが激しい筆者用の備忘録ですが、何かゲームを探している方は是非参考にしてみてください

メインはsteamとPS4で、価格は基本的にsteamのものを記載しています。

アクション

Katana ZERO

基本情報

ゲーム名:Katana ZERO
価格:1520円
発売日:2019年4月18日
ジャンル:横スクロールアクション
対応機種:steam/Xbox

本作は時間を操作するスタイリッシュ斬撃アクション

電子ドラッグをキメた主人公「ドラゴン」として、請け負った任務をこなしていく中で自身の失った記憶を取り戻していきます。

敵もこちらも1撃で死亡する高難度の戦闘ですが、倒された後にはビデオの巻き戻しのような演出が入り、高速でやり直しができるので死にゲー特有のストレスが多少軽減されています。

ステージ開始直後にイヤホンを付ける演出から流れる重低音が響くBGMは、敵を切り倒していくこの世界観にとてもマッチしており、とてもドット絵とは思えない表現・演出も素晴らしいです。

説明不足感のあるストーリーではありますが、アクションゲームとしてかなりおすすめできます。

ARAGAMI

基本情報

  • ゲーム名:ARAGAMI
  • 価格:1980円
  • 発売日:2016年10月14日
  • ジャンル:ステルスアクション
  • 対応機種:steam/PS4/Switch/Xbox

本作は「影」を用いた能力でダークな雰囲気のステージを進んでいくステルスアクションゲーム

能力や地形を使い敵を倒して先に進む、チャプター制です。
敵の攻撃を1撃もらうだけで即死しますが、能力があるおかげで程よい難易度でした。

グラフィック面は影を扱うだけあって夜の表現が良く、どことなく暗い本作の雰囲気にマッチしています。

ストーリーも先が気になる程度にはしっかりしており、手軽に遊べるゲームを探している方におすすめできるゲームです。

DREAMSCAPER

基本情報

  • ゲーム名:DREAMSCAPER
  • 価格:2570円
  • 発売日:2020年8月24日
  • ジャンル:ローグライクアクション
  • 対応機種:steam/Switch

本作は「現実」と「夢」を行き来しながら無限の戦いに挑む、ローグライクアクションゲーム

夜(夢)にダンジョンを進めて素材を集め、朝(現実)にそれらを消費して主人公を強化します。
強化をする際の住人との会話で少しずつ物語を把握できるため、ローグライク特有の中毒性とも相まって筆者は本当にドはまりしました。

レビューではアクション性に賛否があるようですが、全体的には良くできていると思います(一部装備は独特な挙動があるので慣れは必要)。装備も豊富かつ個性が強いので毎回新鮮味がありました。

実績を獲得するために数十時間は必要なので、じっくりと遊べるゲームを探している方におすすめできます。

黄昏ニ眠ル街

基本情報

  • ゲーム名:黄昏ニ眠ル街
  • 価格:1980円
  • 発売日:2021年4月14日
  • ジャンル:アドベンチャー
  • 対応機種:steam

本作は少女ユクモとしてご自慢の飛行船に乗り込み、独特な東洋ファンタジー世界を探検するアドベンチャー

アクション部分は作りが甘く、収集品も多すぎる印象ですが、ウォーキングシミュレーターとしては素晴らしい出来です。アセットを使わず自身で作成したこだわりの街並みは本当に美しく、これだけで買う価値はあります。

時間帯や飛行艇によって様々な景色が楽しめるので、興味がある方はぜひ購入してみてください。

KILLER IS DEAD

基本情報

  • ゲーム名:KILLER IS DEAD
  • 価格:1980円
  • 発売日:2014年5月23日
  • ジャンル:アクション
  • 対応機種:steam/PS3/Xbox

本作は処刑人「モンド・ザッパ」として、敵を切り倒していくゴアアクション

正直アクションもストーリーもとても良い出来とは言えません。

ではなぜこの作品を紹介しているかというと、特徴的な色使いや主人公のクールな言動、きつめのゴア表現から感じられる狂気的で独特な世界観がハマる人にはとことんハマるからです。
これ一点のみで紹介しています。

BPM: BULLETS PER MINUTE

基本情報

  • ゲーム名:BPM: BULLETS PER MINUTE
  • 価格:2050円
  • 発売日:2020年9月16日
  • ジャンル:リズムアクション
  • 対応機種:steam/PS4/Xbox

本作はローグライク要素のあるリズムアクションFPS

リズムに合わせてボタンを押さないと射撃やリロード、回避といった動作が行えず、かなり慣れが必要ですが慣れてしまえばとんでもない中毒性があります。

ただし、FPS経験があまりない方にはリズムを取りながらの操作になるのでかなり厳しいかもしれません。

ホラー

OUTLAST 1/2

基本情報

  • ゲーム名:OUTLAST/OUTLAST2
  • 価格:2050円/3090円(少し超えてますが・・)
  • 発売日:2013年9月4日/2017年4月24日
  • ジャンル:ホラーアクション
  • 対応機種:steam(1/2)/PS4/Xbox

本作はビデオカメラを持って探索する言わずと知れた名作ホラー

出現する敵に対抗する手段は無く、隠れながら進みますが本当に怖いです。

筆者的には「OUTLAST2」がおすすめ。こちらは荒廃した村と人気のない学校を交互に探索となり、この学校ステージがすごいです。
視界に映る全ての場所から溢れる何かいますよ感、目の前の角を曲がるのにも数十分かかります。

ホラー好きな方はぜひ挑戦してみてください。

PHASMOPHOBIA

基本情報

  • ゲーム名:PHASMOPHOBIA
  • 価格:1420円
  • 発売日:2020年9月18日
  • ジャンル:ホラーアクション
  • 対応機種:steam

本作は様々な機材を用いて幽霊の正体を特定するホラーアクション

幽霊の正体を特定するという目的上、積極的に接触する必要があるため1人で遊ぶとしっかり怖いです。

ただ本作はフレンドを入れての4人プレイがおすすめ。
ある程度の怖さはありながらもしっかり盛り上がれる良いゲームです。

マルチで遊べるゲームを探している方にはかなりおすすめできます。

アドベンチャー

VA-11 Hall-A

基本情報

  • ゲーム名:VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action
  • 価格:1500円
  • 発売日:2016年6月21日
  • ジャンル:サイバーパンクバーテンダーアドベンチャー
  • 対応機種:steam/PS4/Switch

本作は様々な客と会話をしながらカクテルを提供するサイバーパンクバーテンダーアドベンチャー

腐敗した政府や大企業が仕切る未来の都市「グリッチシティ」にあるBTC認定バー「VA-11 Hall-A」。ここで働くバーテンダー「ジル」として客の話し相手になり、カクテルを提供します。

脳みそや犬といった個性的な客から相談される内容は、哲学的な内容から下ネタまでとかなり幅が広いです(6割は下ネタですが・・)。

大作ゲームのような激しい演出やどんでん返しはありませんが、キャラとの掛け合いや世界観、BGMといった要素が飛びぬけて良く、アドベンチャーゲームをあまり遊ばない方にこそ遊んで欲しいです。

Coffee Talk

基本情報

  • ゲーム名:Coffee Talk
  • 価格:1320円
  • 発売日:2020年1月30日
  • ジャンル:ノベル
  • 対応機種:steam/PS4/Switch

本作は客との会話を楽しみながら、提供するコーヒーの種類によってストーリーが分岐するノベルゲーム

「VA-11 Hall-A」の開発者からアドバイスを貰ったことがあるらしくゲーム性がかなり似ており、違いとしてこちらはファンタジー要素が強く、全体的にゆっくりと進行するイメージです(下ネタはほぼ無いです)。

進めていくと異種族間の問題等考えさせられる場面があり、それによってプレイヤーの価値観の幅を広げる魅力があります。「VA-11 Hall-A」より落ち着いた作品を探している場合はおすすめです。

The Red Strings Club

基本情報

  • ゲーム名:The Red Strings Club
  • 価格:1520円
  • 発売日:2018年1月23日
  • ジャンル:サイバーパンクアドベンチャー
  • 対応機種:steam/Switch

本作はバーでの情報収集とハッキングという2つの要素を楽しめるサイバーパンクアドベンチャー

人口の半分以上がインプラントを埋め込んでいる世界。
ある日「アカラ」が主人公の店に転がり込み、彼女や客との会話から明らかになる「ソーシャル・メンタル・ケア」と呼ばれるシステムを巡って、プレイヤー自身の倫理観を問われるストーリーになっています。

負の感情を抑え込んでくれるシステムを人間に使用するか否かの選択は、個々人の人生観によるところが多く、筆者はかなり悩みました。

前述した2作より世界観が重く、かっこいい印象。
また、キャラの動きや演出がドット絵とは思えないほど美しいのもこのゲームの魅力です。

ルーシィ ~彼女が望んでいたもの~

基本情報

  • ゲーム名:ルーシィ ~彼女が望んでいたもの~
  • 価格:980円
  • 発売日:2016年2月28日
  • ジャンル:アドベンチャー
  • 対応機種:steam

本作はアンドロイドが一般的な存在として認められた世界で、主人公と「ルーシィ」の物語をテキスト形式で読んでいくノベルゲーム

「アンドロイドと人間の境界線」について深く考えさせられ、割と展開が読めるストーリーですが、それでも感動してしまうそんな魅力を感じました。

いつか来る(かもしれない)アンドロイドとの共生に備えてこのゲームを遊んでみるのもおもしろいかもしれません。

ATRI -My Dear Moments-

基本情報

  • ゲーム名:ATRI -My Dear Moments-
  • 価格:2200円
  • 発売日:2020年6月18日
  • ジャンル:アドベンチャー
  • 対応機種:steam

本作は幼い頃の事故によって片足を失った少年斑鳩夏生が、海底の倉庫から見つけたロボット「アトリ」との物語を描くアドベンチャー

夏生の義足の代わりになる。と頑張るアトリが可愛らしく、沈んでいた夏生も少しづつ前向きになっていく様が良かったです。

ネタバレになるのであまり言えませんが、かなり完成度が高いので是非遊んでみてください。

以上が3000円以内のおすすめゲームまとめになります。
また遊んでいく中でいいゲームをみつけたらその都度追記していきます。

    • この記事を書いた人

    かきん

    ドットとトゥーン系のグラが好きなゲーマーです。遊んだゲームの記事を書かせていただいています。

    -ゲーム紹介
    -