モナーク 感想

モナーク クリア後の評価と良かった・悪かった点

おはようございます。かきんです。
今回はモナーク クリア後の評価と良かった・悪かった点です。

トロコン済みの筆者が感じた点をいくつかまとめていくので、モナークが気になっている方は是非参考にしてみてください。

モナーク

概要

ふと、あなたが目を覚ますと――。

そこは不思議な力場で外の世界から孤立してしまった新御門学園。
――精神を狂わせる謎の霧
――異界に通じる不思議な電話
――エゴで異能をふりかざす七人の悪魔契約者

狂気。異常。暴力。理不尽に抗うために、あなたは己のエゴと狂気を糧とする悪魔のちから「虚飾の権能」を手にする。
学園の異常事態を解決するために発足された「真生徒会」。
その副長となったあなたは4人の候補から「バディ」を組み、学園を元に戻すため理不尽に抗っていく。Steamより引用

モナークの所要時間と評価


筆者のプレイではクリアまで約30時間トロコンまでは約70時間かかりました。

トロコンには超低確率でドロップするアドレスが必要となり、それを集めるのに20時間近くかかったため、既に全て判明している現在なら50~60時間程でトロコンできると思われます。

評価

物語の構成とシステムが独特で個人的にはかなり好み、謎解きもそれなりに歯ごたえがあって面白いです。カリギュラシリーズが好きな方におすすめできる内容です。
※システムはかなり違いますが雰囲気が似てる 相変わらずBGMが高品質

1世代前のグラと扱いにくいUIがかなりマイナスな印象。

良かった点


最も良かったと感じたのは戦闘面、特に技の選択肢が豊富なのが素晴らしいです。

各キャラ10以上の技を持っていて効果の種類も多いため、自分なりのコンボを考えるのがとても面白いです。

技は主に「技能(HP消費)」と「権能(MAD増加)」という2つの分類に分けられ、単純に強い技のみを使っているとジリ貧になります。なのである程度考えて選択する必要があり、頭を使った戦闘がしたい方にはおすすめできる内容です。
※MAD:発狂度のこと、100%になると制御不能になる

キャラ固有の能力等も存在し、例えば主人公特有の能力「共感」ではパスを繋いだキャラ間でバフ/デバフや技を共有できます。この状態で一気にバフをかけて他キャラの強力な技を借りる、といったこともできるので色々試してみてください。


また本作の特徴としては物語の道中にありがちな「雑魚戦」が無いです。

基本的に権能保持者のエリアを探索→異界でイデアを破壊という流れを繰り返します。なのでイデア前での戦闘以外はほぼ無いです。

序盤はスムーズで良いと思いましたが、敵Lvの上昇がきついのである程度ストーリー外でLv上げが必要となり、結果的にはそこまでスムーズではありませんでしたね・・。

Lv上げ自体は情報が出揃った現在なら簡単なので、自分の好きな難易度に調整しやすくなっているという点では良いことかもしれません


本作はトラウマや悩みといった弱みを克服するという流れをベースに、権能によって霧に包まれた学園を開放する物語になります。
※第一部、第二部、最終部で構成

第二部は好きなキャラから見ていく分岐形式になっており、ここでは各キャラ毎に同じ時間軸を体験するのでバディの性格や考え方を理解できて筆者は好きです。
また、分岐毎に少しずつ謎が解けていく構成も良かったです。

カリギュラシリーズと同じく本作もBGMがかなり高品質。特に重要な戦闘時のボーカル有音源はどれも雰囲気に合っています。

悪かった点

グラ👇

とんでもなく悪いということはありませんが、フルプライスかつキャラアートが綺麗な本作でジャギが目立つこのグラは厳しい印象。あとキャラがアートと別人です。

ストーリーや雰囲気を気に入っていただけに悪目立ちしているこの部分は残念です。

ただ筆者はPS4版で遊んでいたため、PS5版がどうなのかは不明です。

UI👇

特に共感中の技選択が面倒すぎます。

何十もある技を毎回上から探すのが不便、何故ソートやお気に入り的な項目がないのか・・・。

%詐欺👇

※ここは言いがかりです
命中90%以上の技を連続で外しすぎでは・・?

以上がモナーク クリア後の評価と良かった・悪かった点になります。

    • この記事を書いた人

    かきん

    ドットとトゥーン系のグラが好きなゲーマーです。遊んだゲームの記事を書かせていただいています。

    -モナーク, 感想
    -