Stardew Valley

stardew valley攻略 金策におすすめな夏の作物まとめ

おはようございます。かきん(@kainsinai)です。

今回のstardew valley(スターデューバレー)攻略は金策におすすめな夏の作物まとめです。

夏の作物で金策に向いているものをパターン別に紹介しています。

stardew valley(スターデューバレー)を攻略している方は是非この攻略記事を参考にしてみてください。

1年目夏のおすすめ作物

作物のタネ入手から収穫までの解説はこちらを参考に。

金策におすすめな春の作物まとめ

 

ブルーベリー

ブルーベリーのタネはピエール商店で購入可能(1つ80g)です。

タネを植えた日から数えて14日目に収穫でき、その後は4日毎に実をつけるので再収穫が可能です。

売値50g 62g(銀) 75g(金)

 

1年目の夏に金策をしたい場合は、ブルーベリーを育てるのがおすすめです。

最大4回収穫(確定?3個以上)×50gで+600g

→タネ代(80g)を抜いて+520g

夏の2日までに植えないと4回目の収穫が間に合わなくなるので注意です。

かきん
(ほぼ確定?)で3個以上収穫できます 一気に収穫すると大量に入手できるので気持ちがいいです

メロン

メロンのタネはピエール商店で購入可能(1つ80g)です。

タネを植えた日から数えて13日目に収穫できます。

売値250g 312g(銀) 375g(金)

 

ブルーベリーで4回も収穫が面倒!という方にはこちらのメロンがおすすめです。

→メロンは収穫が2回で済む

バンドル等で使用する機会が多いのでブルーベリーと合わせて育てておきたいです。

夏の作物バンドル

後々に「温室」を解放するために、このバンドルをこなす必要があります。

始めたばかりの方はよく分からないと思いますがとりあえず、

・ブルーベリー

・メロン

・トウガラシ

・トマト

この4種類の作物を最低1つずつ入手しておくと、いざバンドルをやるとなった時にスムーズです。

→バンドルで納品する必要があるので保管しておく

かきん
タネは全てピエール商店で入手できます

バンドルとストーリーで使う作物を育てておきたい方はこちらも参考に

バンドル・ストーリーで使う作物まとめ

2年目以降夏のおすすめ作物

スターフルーツ

スターフルーツのタネはカリコ砂漠にあるオアシスで購入可能(1つ400g)です。

タネを植えた日から数えて14日目に収穫できます。

売値750g 937g(銀) 1125g(金)

 

オアシスに行けるようになったら、もうスターフルーツ1択です。

かきん
まだオアシスに行けない!という方はブルーベリーを育てましょう

以上がstardew valley攻略 金策におすすめな夏の作物まとめになります。

この攻略記事が攻略の手助けになれば幸いです。

\この記事はどうでしたか?/

-Stardew Valley
-

© 2020 かきんしないで遊びたい Powered by AFFINGER5