The Red Strings Club ゲーム ゲーム紹介

【The Red Strings Club】冒頭紹介 やれやれから始まるおしゃれゲーム

以下ゲーム内ss

以前のSteamセールで購入してから積んでいた「The Red Strings Club」をやっとプレイし始めました。

まだクリアできていませんが冒頭から気になる展開の連続で筆者はかなり気に入っています

今回はこのゲームを知らない方に向けて「The Red Strings Club」の冒頭の部分を紹介してバーテンダーアクションゲーム布教の記事になります。

冒頭紹介 やれやれから始まるおしゃれゲーム

スポンサーリンク

冒頭

開幕オシャレ

いきなり絶体絶命から始まります。遺言が「やれやれ」から始まるのいいですよね。パクります。

回想?へ

舞台は過去に戻りバーへ

左がブランダイス、右がドノヴァンです。

ブランダイスはフリーランスのハッカー(かっこいい)で危ない組織から仕事を受けていた(かっこいい)そうです。

(va-11 hall-Aみたいな設定してんな・・)

(カクテル作成・・似てるな・・)

この3つの要素のどれかに寄せてカクテルを作り、それが所謂選択肢になります。

今回は上の誇りに寄せます。

まず酒を入れることでカーソルを動かせます。

次に氷を入れることでカーソルの縮小ができ、ぴったり合うと上画像のエフェクトが出て完成となります。

筆者もいつか俺の記事に間違いがないってことくらい~と言えるようになりたいですね。

明らかにヤバい恰好の客が現れます。

変異体だぁ・・

つまり適切なアドバイスをくれるアンドロイドってことですかね。

このセリフふざけて下ネタ言ってると思っていたらまったく違う(接続して記憶を見るだけ)ことが分かり苦笑いしました。

そんな簡単に。てかそれ髪じゃなかったんですね。

アンドロイドの記憶へ

ここからアンドロイド編が始まります。続きはぜひご自分でプレイしてみてください。

以上が【The Red Strings Club】冒頭紹介となります。

この記事で溢れ出るおしゃれを体感できたかと思います。皆さんもぜひこの世界観を体感しましょう。

-The Red Strings Club, ゲーム, ゲーム紹介
-

Copyright© かきんしないで遊びたい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.