GODEATER3 ゲーム

GODEATER3追加DLC「過去との邂逅」ニール編ストーリー紹介と解説

今回はGODEATER3追加DLC「過去との邂逅」ニール編のストーリーをまとめていきます。

「過去との邂逅」ニール編をプレイしてよく分からなかった、内容だけ知りたいという方は是非参考にしてください。

※記事内の画像は全てゲーム内ss(初期型ps4)なので画像が粗いです。すいません・・

「過去との邂逅」ニール編

過去との邂逅各エピソードはこちら

ストーリー紹介と解説

用語と目的説明

感応領域→被験者の無意識階層をシュミレートした空間。簡単に表すと被験者の心の中。

なぜ感応領域に行くの?

1,コアエンゲージが使えるようになるから

コアエンゲージ→エンゲージする2人が心のより深い場所で繋がることにより発動が可能となる(感応同期率100%)。既存の効果の強化に加えて新たな効果の発現も確認されている。

2,世界中のゴッドイーターの戦力向上に繋がるから

なんで?→感応領域にはその人がこれまで培ってきたノウハウ等の情報が眠っている。このデータを持ち帰ってアーカイブ化することで他のゴッドイーターと共有することができるようになるため。

感応領域で何をするの?

1,感応領域に接続する際に障壁となる「記憶の結節」を除去する

記憶の結節→無意識層(感応領域)にある心的複合体(被験者やアラガミの姿で登場する)。

接続実験1回目

接続実験1回目では甲判定が出た当初のニールの記憶の結節が出現します

・バランへ売られる

→ペニーウォートには甲判定がもう一人居た(主人公)、ニールが戦うことを嫌がっていたことから

・売られることで家族が離れ離れになる理由を自分が臆病で弱いから、だと考える

帰投後、上記の経験からバランに入った当初は生き延びるためにただひたすらに強くなるしかないという結論に至ったと語ります。

→戦わなければ大切なものが奪われていくから

接続実験2回目

接続実験2回目ではバランに入ってからの記憶の結節が登場します。

・エンゲージが使えないことから灰域の調査(最前線)に回される

→基本甲判定のAGEは実験材料としてある程度大事にされる

・似たような境遇のバランのAGEと共に戦い、家族以外で初めての仲間になる

→任務で灰域種と遭遇し仲間が死亡、ニールも死を覚悟するがヴェルナーに救われる

かきん
ヴェルナーは朱の女王の首領でガドリン総督の息子でもあります

帰投後、その後ヴェルナーに誘われて朱の女王に入ったと語ります。

→朱の女王で今まで失ったものを再び手に入れる(仲間等)

接続実験3回目

接続実験3回目では朱の女王に入ってからの記憶の結節が登場します。

・ヴェルナーに感謝していてどんな敵が現れても朱の女王、ヴェルナーのために戦う気持ちを持っていた(例え肉親が相手でも)

→失ったものを再び手に入れた、鍛えて強くしてもらったことから

・ヴェルナーの最期、ニールはヴェルナーと共に戦おうとしたがヴェルナーに止められた

→ここで接続状況が悪くなり、中断

帰投後、ニールはヴェルナーの最期の続きを話します。

フェンリル本部で拘束されていたニールはヴェルナーの死を聞かされ怒りと絶望に満ちました。しかし「エルヴァスティの奇跡」でグレイプニルの人ともエンゲージが繋がったことで誰もが大切なもののために戦っていたことを知ります。

憎しみが曖昧なものになり、納得できない気持ちが今もある

かきん
「エルヴァスティの奇跡」→大灰嵐を収束させたフィムと主人公のエンゲージ

緊急ミッション

フェンリル本部にアラガミの大群が向かっているようなのでニールと主人公が出動します。

かつて敵だったフェンリル本部を防衛するミッションに対してニールは「恨みの繰り返しはもううんざりだ この手で守れるものは守り抜く」とのこと。

ミッション終了後、ニールは朱の女王(生き残りで再結成、以前より平和的)に誘われていることを相談してきます。

朱の女王に戻りかつての仲間たちとヴェルナーの意思を継いでまた同じ夢をみるか、同じくらい希望を感じる主人公たちの夢に協力するかで悩んでいます

結論を出すために感応領域最深部でもう一度自分の心と向き合いたい

接続実験4回目 最深部へ

記憶の結節に触れ、ニールはかつてヴェルナーから「失うことを恐れ、自分の心を殺すのではなく未来の可能性に手を伸ばしてほしい 我らは家族として君が帰る場所を守り続ける」と言われたことを思い出します。

→大型アラガミの記憶の結節出現

ニールがこれからはヴェルナーと主人公が背中を押してくれた未来へ自分自身の意思で進むと決意します。そしてここでコアエンゲージが発動します。

→大型アラガミの記憶の結節を倒し過去の自分(自分の力じゃどこにも行けないと決めつけて殻に閉じこもっていた自分)と決別する

帰投後、ニールは主人公たちの夢に協力する道を選択したと告げます。

→主人公たちの夢は朱の女王の皆が安心して暮らせる場所も作ることができるから

また居場所のない人たちを理想郷に導けるようにしたい、かつてヴェルナーがそうだったように誰かに希望を見せられるようになりたいと自身の夢を語ります。

最期に主人公に感謝を述べて過去との邂逅ニール編は終了になります。

以上がGODEATER3追加DLC「過去との邂逅」ニール編ストーリー紹介と解説になります。

次の追加エピソードも楽しみにしています。

-GODEATER3, ゲーム
-

Copyright© かきんしないで遊びたい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.