GODEATER3

GODEATER3追加DLC「過去との邂逅」ルル編ストーリー紹介と解説

今回はGODEATER3追加DLC「過去との邂逅」ルル編のストーリー紹介と感想をまとめていきます。

「過去との邂逅」ルル編をプレイしてよく分からなかった、内容だけ知りたいという方は是非参考にしてください。

※記事内の画像は全てゲーム内ss(ps4)なので画像が粗いです。すいません・・

「過去との邂逅」ルル編

過去との邂逅各エピソードはこちら

ストーリー紹介と解説

用語と目的説明

感応領域→被験者の無意識階層をシュミレートした空間。簡単に表すと被験者の心の中。

なぜ感応領域に行くの?

1,コアエンゲージが使えるようになるから

コアエンゲージ→エンゲージする2人が心のより深い場所で繋がることにより発動が可能となる。既存の効果の強化に加えて新たな効果の発現も確認されている。

2,世界中のゴッドイーターの戦力向上に繋がるから

なんで?→感応領域にはその人がこれまで培ってきたノウハウ等の情報が眠っている。このデータを持ち帰ってアーカイブ化することで他のゴッドイーターと共有することができるようになるため。

感応領域で何をするの?

1,感応領域に接続する際に障壁となる「記憶の結節」を除去する

記憶の結節→無意識層(感応領域)にある心的複合体(被験者やアラガミの姿で登場する)。

接続実験1回目

嫌な予感しかしませんが接続実験1回目を始めます。

記憶の結節として幼少ルル(AGEなりたて)と師匠であるゴウ・バランが出現します。

まとめると

・よく師匠とクエストに行っていた

・クエストで駆け出しのAGEを看取ることが多かった

・覚えている限り(重要)師匠は弟子たちの死に何の感情も見せなかった、変わらず戦い続けていた

師匠は私たち弟子のことをどう思っていたのだろうか・・

という内容になっています。

余談ですがルルが当時所属していた「バラン」は戦えなくなったAGEに対して人体実験を行うようなタイプのミナトです。

接続実験2回目

接続実験2回目では、

・ルルが怪我をした際師匠が休みを命じたこと

・怪我開けのルルにいつもより軽いクエストに行かせた

→上の余談でも書きましたが戦力にならないAGEはすぐに人体実験に使われるミナトではかなり優しい対応です(一応心配はしている?)

ことが分かります。

帰投後ルルはこのことを「師匠なりに、弟子や仲間を守ろうとしてくれた」と語ります。

しかし怪我を気遣ったような優しさも仲間を思ってのことではなく道具を管理しているだけでは・・?

これを判断するために師匠が死んだ仲間をどう思っているのかを知りたい

更に深い感応領域で何か知ることができるかもしれないということで3回目の実験に向けて同期率を上げてきます。

接続実験3回目

接続実験3回目では、

・師匠と別行動の任務でルル以外全滅、彷徨っていたところを師匠が助けてくれた

→ルル「せめて弔いをしませんか?」師匠「生きることだけ考えろ」

・師匠は料理が下手で作ったおでんが不味かった(ドブのような匂いがしたとのこと)

・料理を習ったことがあるルルがいつかおでんを作り、師匠が美味しいと思ったら質問に答えてほしいと約束した

質問は死んでいった仲間や弟子達を覚えていますか?というもの

これらのことが分かります。

また料理は数少ない信頼できる姉弟子が教えてくれたらしいです(誰だろう?)。

料理を未だ作れていない悔しさを感じますが主人公の「今からでも遅くない」というアドバイスで持ち直します

おでんの具材を取りに行く

覚悟がないと最深部には行けないので実質強制です。強かな女ですよルルは。

クエストを通じて、

・姉弟子は人として生きる術を教えてくれた

・師匠に人の心を殺すように鍛えられたが姉弟子との思いでは忘れられなかった

・姉弟子はもうこの世にはいないが今でも恩人だと思っている

→師匠は彼女をどう思っているだろうか?

でも主人公達と前に向かって歩いていればいつか師匠は前で待ってくれているはず

上のように考えていることを話してきます。

ルルの中で覚悟が決まったようなので感応領域最新部へ向かいます。

味の感想も強制なのか・・

接続実験4回目 最深部へ

最新部はいつも通り壁に過去の画像がくっついていました。

記憶の結節を調べると、

・アクセルトリガーの影響で意識が朦朧としているルルに師匠があの質問に答える

俺には戦う事しか死んだ者を弔う方法を知らない。立ち止まりも振り返りもせずにこれからも英霊への手向けとして敵を屠っていく

ここで大型アラガミの記憶の結節が登場

ルルは師匠の思いを知って託された未来を守るため自分も戦い続けることを誓うことでコアエンゲージが発動

戦闘終了後ルルは「バランでの日々は辛かったけどこれから先皆で未来に進むための力になれるなら悪くなかったと思える」と語ります。

以上で「過去との邂逅」ルル編はクリアとなります。

ルル編 感想

後ろで待ってたのか・・

おでん具材クエで「主人公達と前に向かって歩いていればいつか師匠は前で待ってくれているはず」と言っていたのに既に過去(後ろ)で答えを言っていたのは苦笑いでした

師匠に美味いと言わせる約束は後ろ(過去)で果たしていないようなので前で叶えて欲しいです。

ネガティブな意見から始まりましたが今まで語られていなかった部分の話ということもあり、全体としてはとても面白かったです。

姉弟子って誰なんだろう

姉弟子のことが語られていましたが本編で出てましたか?もはや感想ではないですが分かる方がいましたら是非教えて欲しいです。

フィムもう少しセリフがあってもいいのでは?

毎回書いていますが今回も書きます。特に今回はセリフが0でした。置物と化しているのでなんとか救ってやってください。

以上が【GODEATER3】「過去との邂逅」ルル編ストーリー紹介と解説 クリア後の感想になります。

次の追加エピソードを楽しみにしています。

-GODEATER3
-

© 2020 かきんしないで遊びたい Powered by AFFINGER5