GODEATER3

GODEATER3追加DLC「過去との邂逅」キース編ストーリー紹介と解説

今回はGODEATER3追加DLC「過去との邂逅」キース編のストーリーをまとめていきます。

「過去との邂逅」キース編をプレイしてよく分からなかった、内容だけ知りたいという方は是非参考にしてください。

※記事内の画像は全てゲーム内ss(初期型ps4)なので画像が粗いです。すいません・・

「過去との邂逅」キース編

過去との邂逅各エピソードはこちら

ストーリー紹介と解説

用語と目的説明

感応領域→被験者の無意識階層をシュミレートした空間。簡単に表すと被験者の心の中。

なぜ感応領域に行くの?

1,コアエンゲージが使えるようになるから

コアエンゲージ→エンゲージする2人が心のより深い場所で繋がることにより発動が可能となる(感応同期率100%)。既存の効果の強化に加えて新たな効果の発現も確認されている。

2,世界中のゴッドイーターの戦力向上に繋がるから

なんで?→感応領域にはその人がこれまで培ってきたノウハウ等の情報が眠っている。このデータを持ち帰ってアーカイブ化することで他のゴッドイーターと共有することができるようになるため。

感応領域で何をするの?

1,感応領域に接続する際に障壁となる「記憶の結節」を除去する

記憶の結節→無意識層(感応領域)にある心的複合体(被験者やアラガミの姿で登場する)。

接続実験1回目

接続実験1回目では小さいころのニール(AGEになるよりも前)の記憶の結節が出現します。

・ジークとニールが食べ物と薬を探しに行くのを待つキース(体が弱かったためついて行けなかった)

→危険な場所に出入りする兄たちをただ信じて待つことしかできなかった

・何もできない自分が悔しかった

帰投後

上記の経験から兄たちの役に立ちたかったから機械いじりの勉強を始めたそうです。

兄たちが使用する機械や装備を自分が直すことができれば役に立てると考えたから

この辺りの話はジーク編でも語られています。

参考ジーク編ストーリー紹介と解説

接続実験2回目

接続実験2回目ではペニーウォートのAGEになった後の記憶の結節が登場します。

・体の問題で探索に出ることができず食べ物を減らされていた(兄たちから分けてもらっていた)

→知識を身に着けてもそれを活かす機会が無くて苦しい

・同じ牢獄にいた先輩AGEたちがニールを励まし、機械いじりの知識を必要とされる また牢獄での生き方を教えてもらう

→先輩AGEたちが任務で死亡

・先輩AGEに恩返しできなかったことやニールが売られたことを受けて自分なりのやり方で皆を守る方法を模索する

帰投後

思いつめた表情で「この実験は全てのGEの戦力向上のためにやっている、自分のような戦闘経験の浅いAGEは無理にアーカイヴ化しなくていいのでは?」と言い出します。

接続実験3回目

接続実験3回目もペニーウォートのAGE時代のの記憶の結節が登場します。

・ミナトの通信設備等を修理できるようになり看守の対応も良くなってきた

→看守に協力するのは嫌だったが見返した気分になる

・自分が直した機械で兄の力になる

→兄に背中を預けてもらえたような気持になり嬉しく思う

・記憶の結節の声「自分が死に物狂いで身に着けた知識や技術は全部俺の宝物だ だから誰にも渡したくない

→ここで中断

帰投後

キースのトラウマは過去ではなくて未来にあり、技術をアーカイヴ化して誰にでも誰かの代わりになれることを恐れています

→これによりまた自分の居場所がなくなる可能性があることを恐れる

物資の回収ミッションへ

気分展開がしたいキースに付き合って物資の回収ミッションへ向かいます。

未発見のバガラリーのデータやアインに頼まれていた物を発見します。

キースは夢中になって物資を探している内に「たとえ戦いから離れても誰かを守ることはできる アーカイヴ化によって誰かが自分の代わりになったとしても俺は俺なりのやり方で皆を支えていく」と気付き、覚悟を決めます。

接続実験4回目 最深部へ

記憶の結節に触れ、キースは「皆で過去を乗り越えて未来に進む 俺だけが足踏みしていたら結局また自分だけ一緒にいられなくなる この先で積み上げてきたものを失ってもそれ以上のものを積み上げて見せる」と自分の思いを叫びます。

→コアエンゲージが発動

なんとか記憶の結節を倒して帰投します。

主人公とコアエンゲージしたキースは戦闘力が大きく違うAGE同士でのコアエンゲージは肉体にかかる負担が半端ないと問題点を発見します。

→今後はフィードバックするレベルや情報の精査が必要

結局アーカイヴ化してもある程度は自身の経験が無いと使いこなすことができないようです。

自分の知らない技術等を知るきっかけになり、自分の才能に気付けない人の居場所を作る可能性になれる 前に進もうとしている人の力にはなれる

そう考えてキースはやる気を出し、また主人公に実験の手伝いを頼んでキース編は終了になります。

今回のアイン

ユウゴに呼び出される

→謎のメールがきている

→アインとソーマが同一人物だという内容

→俺らとアインの関係を終わらせるための罠の可能性があるので保留

大体こんな感じです。メールを送ったのはまず間違いなくバランでしょうね。

以上がGODEATER3追加DLC「過去との邂逅」キース編ストーリー紹介と解説になります。

次の追加エピソードも楽しみにしています。

-GODEATER3
-

© 2020 かきんしないで遊びたい Powered by AFFINGER5