Dead by Daylight ゲーム

【DbD】対シェイプ チェイスの注意点と意識すること

DbDでは殺人鬼はそれぞれ異なる能力を持っているため注意すべき点も異なります。 これらを事前に把握しておくだけで生存率は上がります。

特に最近始めたという方に向けて対シェイプのチェイスで注意点と意識することについてまとめます。

対シェイプ チェイスの注意点と意識すること

シェイプ

固有能力として邪悪Lvがあります

発動中に生存者を注視し続けると内なる邪悪を開花させて本性を露わにする。
効果中に生存者を見つめると色表示になり経験値取得&自分の移動速度が大幅低下する。
経験値が上限まで達するとLVが上昇。 通常状態が以下の性能へ変わる。
またLVが変わると全員に専用BGMが鳴る。
(初期:LV1)
ただし、這いずり・フックに吊っている生存者を注視しても経験値の取得不可。
経験値は一人の生存者につき取得制限があり、白い表示が赤くなると取得不可になる。
発動中は移動のみ可能。 発動・解除の切り替えは一瞬の為に行動の影響はほぼない。

Lv1:心音範囲を大きく狭める・溜め攻撃範囲と移動速度低下(担ぎ時の移動速度は共通)
生存者の探知PERK無効化。 渇望ゲージの増加・移動速度上昇効果も発動しない。
Lv2:心音範囲を狭める・溜め攻撃範囲/移動速度が通常化・以降は渇望/探知PERK有効
Lv3:心音範囲通常化・溜め攻撃範囲/窓枠越え速度が強化・通常攻撃が一撃瀕死化。
Lv3が発動すると、60秒後にLv2へ戻る。

https://w.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/58.html

移動速度はLv1 4.2m/s Lv2,3 4.6m/s。 生存者が走っている時は4.0m/s 。

対シェイプ 注意点と意識すること

1,凝視されないように視線を切る

1番最悪なパターンは複数人で発電してる所をシェイプに凝視されることです。シェイプは心音範囲が狭いため常に周囲への警戒が必要です。

チェイス中にある程度凝視されるのはしょうがないですができるだけ視線を切りながらチェイスしましょう。

2,邪悪Lvを把握しておく

Lvが上がる際あのBGMが流れるのですぐ分かると思います。シェイプの基本的な立ち回りはLv3になる寸前で止めておくのが主流なのでLv2だと安心せず警戒しましょう(まだLv2→Lv3に上がり即立ちメメもあります、死ぬほどビビる)。

bgmはこんな感じです。名曲。

3,Lv3時は隠密重視で

Lv3は地獄のワンパン時間なので見つからないようにしましょう。心音範囲が広いので接近には気づきやすいです。また誰かが終われている、巡回が終わったら急いで発電機を修理しましょう。

もし見つかってチェイスをする場合、窓枠を多用しない方がいいです(窓越え速度上昇と溜め範囲が上昇してます。)。おすすめはしませんがチェイスに自信がありまくってしょうがないという方は味方のためにあえて引き付けてチェイスするのもスリルがあってよさそうですね(筆者は無理)。

シェイプの強いアドオン

1,いい香りがする髪の毛の束

LV3の持続時間が無限となる。
LV3になるまでに必要な邪悪さの量がとてつもなく増加する(+200%)。

2,ジュディスの墓標

Lv3の時、無傷または負傷している生存者を殺害する事ができる。
LV3になると、凝視することができなくなる。
LV3になるまでに必要な邪悪さの量がとてつもなく増加する(+200%)。
移動速度がそこそこ低下する(-9%)。
※生存者に近づき攻撃キーで殺害

3,墓石の欠片

Lv3の時、無傷または負傷している生存者を殺害する事ができる。
LV3になると、凝視することができなくなる。
生存者を殺害すると、内なる邪悪の残量がかなり減少する(LV2になる)。
LV3になるまでに必要な邪悪さの量がかなり増加する(+150%)。
※生存者に近づき攻撃キーで殺害

以上が対シェイプでのチェイスの注意点と意識することです。

上の項目を意識するだけでやり易くなると思うので特に初心者の方はぜひ参考にしてください。

-Dead by Daylight, ゲーム
-,

Copyright© かきんしないで遊びたい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.