Caligula Overdose ゲーム

CaligulaOverdose トロコンまでプレイして正直な感想

Caligula Overdose(カリギュラ オーバードーズ)トロコンしました。今回は Caligula Overdoseをトロコンするまでプレイしてみての感想を書いていきます。

Caligula Overdose プレイした感想等々

出典:ゲーム内SS

※感想部分はネタバレがあります。

Caligula Overdoseて何?という方はこちら

スポンサーリンク

Caligula Overdose 総プレイ時間

出典:ゲーム内SS

Caligula Overdoseのトロコンまでにかかった時間は42時間です。

  • 帰宅部ルート 22時間(攻略情報無し)
  • 楽士ルート 14時間(攻略情報有り)
  • トロフィー関連 6時間

Caligula Overdose 感想

帰宅部ルート

μと楽士を倒して現実世界に帰るストーリーです。

ストーリーとしては王道で楽しめました。キャラクターエピソードを通してトラウマを払拭し現実世界でも頑張ろうという流れは好きです。

敵として現れる楽士たちの中でも帰宅部員と同じく現実に戻りたいと考える人が出てきます。そして戻りたいと考える楽士は比較的正常なキャラが多く(イケP、スイートPとか)、逆に戻りたくないと考える楽士は少しおかしいキャラ(ソーン、ウィキッドとか)が多いように感じられたため、メビウスを破壊してしまうかもしれないが現実に戻りたい帰宅部側を素直に応援できました。

ただこのルートではキャラクターエピソードをあまりやらなかったので最後のアニメでは分からない所が多かったです。

楽士ルート

楽士と協力して帰宅部を止めるストーリーです。

クリアした感想は後味が悪い」です。

筆者はトロフィーのため、キャラクターエピソードをしっかり埋めながらクリアしました。そうするとあんなに帰宅部のトラウマ払拭のため協力し、部長の存在もあってトラウマを乗り越えた部員もいる帰宅部を最後の最後に1人ずつ始末していく時は震えました(戦う前に1人ずつ呪詛を吐いてくるのでメンタルにきます)。

琵琶坂のエピソード終わりに「こいつクズだな」と思っていたら自分の方がもっとクズでしたね。 スマンな鈴奈!飯一緒に食えねぇわガハハ!!

戦闘

Caligula Overdoseの戦闘システムは最初はおもしろいと思いますが後半はただただ面倒にしか感じられませんでした。シールド張られると溜息しかでない・・

ただ、非常に細かく設定できる(攻撃タイミング等)システム自体は素晴らしいと思います。これは人によって評価が分かれるポイントだと思います。

筆者は1周目はノーマル、2周目はイージーでプレイしました。

グラ系

個人的には満足しています。キャラのビジュアルは素晴らしいのが多いです。

出典:ゲーム内SS

天本彩声の待機画像好きです。ステータス画面で椅子に座って各キャラの特徴を表すオブジェ的なのが浮いてるのも好きです。

出典:ゲーム内SS

梔子も好きです。

出典:ゲーム内SS こんなかんじの

あとは戦闘時のフィールドの壁もなぜか好きです。

残念な点としてはキャラが喋る時に口が動かない所ですね細かいですが。

またスタン時のキャラがすごく情けなく見える所も(キャラによってはおもしろい)。

BGM系

良い曲は多かったと思います。ソーン編のBGM好きです。

またキャラによって戦闘中に掛け合いがあるのも良かったです。好感度で内容が変わる点も良かったです。

マップ

嫌いです。現在地が分かり辛いです。

全体マップがあると多少マシになりそうですが。

特に太陽神殿はゴチャゴチャかつ道が細いので敵を避け難いです。

最後に

Caligula Overdoseは総合的に考えるとおもしろかったです。フリープレイでDLされた方はぜひ1度プレイしてみてください。

あとアニメもあるっぽいので見てみます。

-Caligula Overdose, ゲーム
-

Copyright© かきんしないで遊びたい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.