Dead by Daylight ゲーム

【DbD】対ゴーストフェイス チェイスの注意点と意識すること

DbDでは殺人鬼はそれぞれ異なる能力を持っているため注意すべき点も異なります。これらを事前に把握しておくだけで生存率は上がります。

特に最近始めたという方に向けて対ゴーストフェイスのチェイスで注意点と意識することについてまとめます。

対ゴーストフェイス チェイスの注意点と意識すること

ゴーストフェイス

固有能力として闇の包容を使用します。

能力ゲージが満タンの状態で能力ボタンを押すと、闇の包容が発動する
・闇の包容の発動中は、ゴーストフェイスの脅威範囲がゼロになり、視界を示す赤い光が消滅する。
・通常攻撃を行うと能力ゲージが完全に空になり、闇の包容が解除される
・ゴーストフェイスの近距離内にいる生存者は、ゴーストフェイスの姿を画面中央に1.5秒捉え続けることでゴーストフェイスを発見することができる。これを行うと能力ゲージが完全に空になり、闇の包容が解除され、ゴーストフェイスには発見者の位置が短時間通知される。

闇の包容発動中に能力ボタンを長押しすると、見つめた獲物をつけ回し、標的のゲージを貯める。遮蔽物の後ろで能力ボタンを長押しすると身を乗り出して覗き込み、速度が上昇したつけ回しを行う。
・標的のゲージが完全に貯まり切ると標的にマークをつけ、無防備効果を付与する。無防備状態で45秒が経過するかもしくは無防備状態の標的に攻撃を当てるとマークは消え、対象のゲージは0に戻る。

アビリティ発動のボタンを押すとしゃがむ。再度ボタンを押すと立ち上がる。
・しゃがみ中はゴーストフェイスの移動速度が少し遅くなるが、露出面積が減り発見されづらくなる。

dbdwiki

移動速度は4.6m/s(しゃがみ時3.6m/s)。生存者が走っている時は4.0m/s 。

対ゴーストフェイス 注意点と意識すること

1,常に周りを警戒する

ゴーストフェイスの能力上、生存者から見え辛い場所から凝視してきます。そのため常に周りをよく観察して素早く発見できるようにしたいです。

2,能力をしっかり把握する

覗き込みゲージは溜まる前であれば持ち越しです。ゲージは溜まるか通常攻撃で0になります。

闇の包容中は脅威範囲0とステインが消えます。筆者もこれを忘れてやられることが多々ありましたので意識しておくと楽になると思います。また発見によって闇の包容を解除する際見ていた生存者の位置が短時間通知されることもお忘れなく。

3,落ち着いていればチェイスは楽

チェイス中に怖いのは上記の闇の包容とゲージ満タンによる無防備状態です。この無防備状態は約45秒間付与されます。早めの板倒しを意識して逃げ切りましょう。それ以外のチェイスでは他の徒歩キラーとあまり変わらないです。

ゴーストフェイスの強いアドオン

1,屋外用防犯カメラ

マーキングした生存者が瀕死状態になった際、脅威範囲外の生存者全員のオーラが4秒間見える

2, 「ゴースト、カメラに捉えられる」

遮蔽物から覗き込んだ際のつけ回しの速度がとてつもなく上昇する
遮蔽物から覗き込んでいない時場合のつけ回しの速度がとてつもなく減少する

3,運転免許証

殺人鬼が発見される範囲がかなり減少する

以上が対ゴーストフェイスでのチェイスの注意点と意識することです。

上の項目を意識するだけでやり易くなると思うので特に初心者の方はぜひ参考にしてください。

-Dead by Daylight, ゲーム
-,

Copyright© かきんしないで遊びたい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.